読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青い流星を見守る記録

TEAM NACS 戸次重幸さんのファンが色んな調べ物をした記録や、メディアの記録を記しておくブログです。

あなたの子残念はどこから?私は…

f:id:blueshootingstar:20170227010915j:plain

ここで、戸次重幸さん、またTEAM NACSと私の出会い(というただのファーストインパクトとファンになったきっかけ)を記しておきたい。

やはり世間の皆さんのほぼほぼがそうなように、わたしはまず全国ドラマに出だした大泉さんを知った。救命病棟を見た私はちなみに「このさほど若くもないもじゃもじゃどっから出てきたんだ?」と思った。実に失礼な話である。

次に目に入っていたはずなのは、KinKi Kidsが大好きだった私が見ていた33分探偵に出ていた戸次さんである。しかし私は大泉洋の相方とも知らずに「この若くもないイケメン路線俳優どこから出てきたんだ?」と思った。やはり失礼な話である。

そしてその後に天魔さんがゆく!でリーダーを見ているずだがまったく印象に残っていない。あんなに大きな顔なのに、である。失礼な話である。

その後SPECを見た私は海野先生を演じた安田さんを見ている。私は、序盤はさらっと出てきて印象に残らないのにすごく重要なポジションとなる彼の演技力に感心しながら「ちょっときもい」というこれまた失礼な感想を抱く。しかしこれはあながち間違ってもいない。

(音尾さんは私があまりエネチケーを見てないがために出演作を見たことがなかった。申し訳ない。)

さてこんな失礼な感想を抱いていた私がどうやって年に2回も3回も北海道に行くことになったのか。

やはりまずは、あの怪物番組水曜どうでしょうである。
見たきっかけは「付き合っていた彼氏が水曜どうでしょうのファンだった」という女が趣味を始めるきっかけとして一二を争って薄っぺらい理由からであった。

私は中でも対決列島がすごく好きだった。ミスター(40代の鈴井さんのちょっと悪そうでしかしかわいい感じがたまらない)が困らせられて苦しんでいるのがゾクゾクしてたまらなかった。しかしその本筋を喰う勢いで事件を乱発したのはonちゃんの(じゃなかったねこのときは)安田さんだった。
函館ではソフトクリームを落とし、岩手では得意なはずの牛乳の早飲みで失敗してリバースするというミラクルぶり。岩手のそのシーンなんか元気がないときに何回も何回もリピートして見た。
(ここで断っておきたいが私には別に虐げられる人を見て興奮する趣味はない)

私は暇があれば興味のあるものをWikipediaニコニコ大百科などファンがまとめているものを読む癖があり、そのときも「安田さんリバース事件」を調べた。そこでリバース事件はのちにTEAM NACS全員揃ってのレギュラー番組「ハナタレナックス」でも発生し、そこで「安田を経て、大地に還る」という名言が生まれたことを知った。

安田を経て、大地に還る - ニコ百 http://dic.nicovideo.jp/id/4591946 

そしてこの発言を発したのはご存知大泉洋、そして戸次重幸(当時は佐藤)だったのである。
私は「大泉さんは大概面白くて天才だけど、戸次さんって人も面白いんだなぁ…」と感心して、ここで初めて戸次さんに興味を持った。
そこから「ハナタレナックス」や「おにぎりあたためますか」を(またちょっと言いにくい方法で)見て、「残念キャラ」や「結婚できないキャラ」「オタクキャラ」「遅刻常習犯」であることを知って、ますます「面白い人だなぁ」と思い始めた。そしてそれからしばらくして戸次さんはついに女優:市川由衣さんと結婚することとなり、私はそのときにわかのクセに「戸次さんをよろしくお願いします!!!」とあまり興味のなかった市川由衣さんをその器のでっかさから好きになったりした。

そしてその後、私は他の劇団のお芝居をある芝居のソフト専門サイトで買うにあたり、「送料無料にしたいからほかにも…あ!ナックスのDVDかお!」と思いつき、その当時のツイッターのフォロワーから「ケン タウロス」が出るよ!というふれこみで「HONOR」を購入することとなる。

ハッキリ言ってHONORはナックスのお芝居初っぱな1本目として見るべきではないと思う。(慣れていないと、森崎さん脚本独特の早い場面転換と、何人もの人物を5人で演じ分けていく役割が物語を理解するのをどうもスムーズにしにくいところがある。)

しかしここで戸次さんは見事な女装(オカマ装?)と男らしい表情を披露する。
ちょうど「おにぎりあたためますか」で生まれた大泉さんと戸次さんのデュオ「FANTAN」を知ったころというのもあり、

戸次重幸ってかっこいいじゃないか!!!

というスイッチが入った。
入ってしまったが運の尽きである。

下荒井兄弟のスプリングハズカム」、「WARRIOR」とお芝居のDVDを次々と買いそろえ、ツイッターでファンアカウントをつくって先輩方に教えを請い、ついにモバイルの会員サイトに登録、そしてファンクラブの登録を済ませ、ついには北海道に会いに行き、私は立派な子残念となったのだ。

 

そして色々あって現在に至る。(子顔よりの子残念)


※しかし周りの子残念に聞いてみると「おにぎりあたためますか」や「悪童」、「ドラマ チームバチスタ ジェネラルルージュの凱旋」から入ったファンが多いようで、「よく本編にも出てないのに(ナックス中心の作品として)水曜どうでしょうから入って子残念になったね」と言われたりしている。私はほんとに大変珍しい部類みたい。